豊島健康保険組合 文字の大きさ |
リンク集     サイトマップ     個人情報保護     ご意見・ご質問
HOME健保のしくみ健保組合に加入する人

本人は被保険者、家族は被扶養者といいます


私たちは、法律により全員が健康保険組合に加入し、一定額の保険料を納めます。病気になったときは、その治療費の一部を健康保険が負担したり、日々の健康維持のためにさまざまな事業が受けられるようになります。

健康保険組合に加入する人

本人=被保険者
保険料を支払って健保組合に加入している人
家族=被扶養者
本人に扶養されていて、一定の条件を満たしている家族
退職した本人=任意継続被保険者
退職後も続けて加入している本人
・事業主=雇用主



・本人(被保険者)

入社すると、法律によって意思に関係なく、健保組合に加入し、自動的に「被保険者」となります。保険料を払って健保組合に加入している本人を「被保険者」といいます。


・家族(被扶養者)

本人、被保険者に扶養されている家族も健康保険組合に加入することができます。この家族のことを「被扶養者」といいますが、被扶養者になるには条件があります。

・退職した本人(任意継続被保険者)

また、退職後も「任意継続被保険者」として、決められた期間内に限り、継続して健康保険組合に加入することができます。

・短時間労働者(パートタイマーなど)の健康保険適用について

1週間の所定労働時間および1ヵ月の所定労働日数が常時雇用者の4分の3以上である場合は、健康保険の加入対象となります。
なお、勤務時間・勤務日数が常時雇用者の4分の3未満であっても、以下の5つの条件に全て該当する場合は健康保険の加入対象となります。
  1. 1週間の所定労働時間が20時間以上であること
  2. 雇用期間が1年以上見込まれること
  3. 賃金の月額が8.8万円以上であること
  4. 学生でないこと
  5. 常時500人を超える被保険者を使用する企業(特定適用事業所)に勤めていること
    500人以下の企業でも労使で合意している場合は加入対象となります。

関連項目
前のページに戻る このページのトップへ

HOME

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-15-15
Copyright(c)since 2011 豊島健康保険組合 All Rights Reserved.